新生讃美歌増補I

新生讃美歌増補I

10 神の栄光

天は神の栄光を物語り、大空は御手の業を示す。
  主の栄光がこうして現われるのを肉なる者は共に見る。
  主の口がこう宣言される。
初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。
わたしたちはその栄光を見た。
それは父の独り子としての栄光であって、
恵みと真理とに満ちていた。
  「いと高きところには栄光、神にあれ、
  地には平和、御心に適う人にあれ。」
「ほふられた小羊は、力、富、知恵、威力、誉れ、栄光、そして賛美を
受けるにふさわしい方です。」
  わたしたちは喜び、大いに喜び、
  神の栄光をたたえようアーメン

詩編19:1, イザヤ40:5, ヨハネ1:1, 14, ルカ2:14, ヨハネの黙示録5:12, 19:7

(c)1997 日本バプテスト連盟

| もどる |