新生讃美歌増補II

新生讃美歌増補II

109 深き悩みより

1.

深き悩みより われは主に叫ぶ
主よ、聴きたまえや なが耳傾け
もしわが罪とが 目に留めたまわば
誰かは立つを得ん

2.

いかに良き業も み前にありては
罪をば赦すに 足ることなければ
誇りを投げ捨て み神をば恐れ
恵みに生き抜かん

3.

み神を求めて おのれに頼らず
わが魂かしこみ 主をば待ち望まん
慰め望みは み言葉にあれば
われ み言葉待たん

4.

月日は過ぎ行き 時流るるとも
み神の力を 疑わずに待たん
聖霊によりて 主を待ち望みし
イスラエルのごと

5.

罪とが多けれど 恵みはいや増さん
豊かに溢るる 恵みのみ手もて
あらゆる罪から み民を救うは
羊飼いなる主

詞 Martin Luther
曲 Martin Luther

(c)1999 日本バプテスト連盟

| もどる |