新生讃美歌増補I

新生讃美歌増補I
主のことばにより 1. 主の言葉によりこれを守らん 主の死を憶えてわれひれ伏す 2. わがため割かれし主のみからだ 流されし血潮かしこみ受けん 3. 主の受けし痛み愛のあかし いまわの際までなど忘れじ 4. 世のつとめ終えて憩うわれを 再び来ます主憶えたまえ 詞 JamesMontgomery 訳 古澤嘉生

35 曲 HughWilson



(c)1997 日本バプテスト連盟

| もどる |